« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月19日 (金)

第371回

どんぶり派ですか、それとも炊く派ですか?

チキンラーメンの話なのだ。
ネタがなくなった時の「食い物ネタ」、しかもお手軽なラーメンの話。
違う違う、そんな軽い気持ちで書いてない、もっと真面目、真剣。
どちらかというと、ずっと温めていた話、
いつでも掲載できる準備はできていたが、
いい写真が撮れなかった。
で、今回ようやく納得できる写真が撮れたので記事にできるというわけ。
なんていっぱしのカメラマンみたいなことを言っているが。

その前に、ここでタイトルの「炊く派」に引っかかってる人がいるのではないだろうか、
もちろん「炊く」は標準的に使われていると思う、飯を炊く、とかで。
しかし、ことラーメン、しかもインスタントラーメンに「炊く」を使うのは、
おそらく関西圏だけだと思う。
「じゃまくさいから今日の昼飯はラーメン炊いとくねん」みたいに。
えっ?使わない?うそ、京都だけ?
京都でも使わない?じゃオレだけ?

始めます。

あなたはチキンラーメンを作るとき、
どんぶりに湯を注いで作りますか?
それとも鍋に入れて炊きますか?

Img_1614

インスタントラーメンの創出的傑作、チキンラーメン。
その栄光の歴史は簡単に語りつくせない。
ただ、チキンラーメンによって救われた人がどれほどいるかは、
想像に難くない。
そして、戦後間もないころに誕生したチキンラーメンが、
その後の日本の発展に寄り添いながら歩いてきたことは確かである。
もしノーベル賞にラーメン部門があるとするなら、
間違いなくその栄冠を手にしていたことだろう。

Img_1739

カップ麺以外で湯を注いでできるラーメンはチキンラーメン以外にない。
(たまにバッタもん的なのを見ることがあるが)
しかし、だからと言ってそのことに大きくこだわっているつもりはない。
それにパッケージの裏にはちゃんと「湯を注ぐ」と、
「煮る」(やっぱり炊くとは言わないようだ)の、
二通りの作り方が掲載されている。
それぞれの作り方で微妙に味が変わるのだが、それは好みの問題である。
今、問題にしているのはそこではなく、
表のパッケージになっている玉子をトッピングした写真だ。
チキンラーメンと玉子のコンビネーションは最強だと思う。
親子丼のごとく親子ラーメンになるからだ。
メーカーも玉子の落とし窪みを作るほどにアピールしている。
そしてこのパッケージの写真は何とも美味そうではないか。

ところが、この二通りの作り方、「注ぐ」も「煮る」も、
こんな風に美味そうに玉子が仕上がらないのである。
注ぐの場合、うっすらと膜は張るけれども、ほとんど透明に近い。
と言うことはその玉子は限りなく「生」だといえる。
この状態でもし、玉子の黄身を箸でつぶしてしまったら、
一気にラーメンの汁は茶わん蒸しの蒸す前みたいになる。
食えないことはないが、もうすでにチキンラーメンではなくなっているので、
食べることに意味を持たなくなる。
最近・テレビCMで作り方を紹介しているが、まぁー出来ないって。

煮るはもっと悲惨だ。
説明には鍋で1分煮る、とあるが、
その後に玉子を投入するとラーメン自体を煮すぎてしまう。
かといって、麺の塊と玉子を同時に入れると、麺をほぐすことができない。
ほぐれるまで煮込むと今度は玉子が固くなりすぎる。
さらに沸騰の波で白身が原型をとどめない。
透明なスープが売りだが、妙に濁ってしまう。
鍋からどんぶりに移す時も深刻だ。
最悪、麺の中に玉子が混ざってしまう、これではトッピングとは言えない。

さてどうする、
どうにもならないと簡単にあきらめてしまったら、負けたことになる。
しかしここで負けるわけにはいかない。
男には絶対に負けられない戦いがある。
そして、10年の歳月を費やし、とうとつベストな方法を見つけたので紹介したい。
完ぺきではないが、未来は見える。
あとは後任に任せてもいいだろう。

①どんぶりに麺を入れておく。

②玉子だけを炊く。火加減が重要、白身を壊さないこと。
Img_1615

③いい感じに炊けたら、玉子だけをトッピングする。
Img_1621

④新しい湯を注ぐ、玉子を煮た湯は使わない。
Img_1622

⑤ふたをして3分待つ。
Img_1623

⑥出来上がり。どうだ、透明度を保った汁に注目。
Img_1626

「炊く」と「注ぐ」のコンビネーションだが、
その手間がインスタントの精神に反している、とか言うなよ。

犬は咬む

来月、倶楽部のイベントで行うディスカッション、
テーマの「犬は咬む」についての議題を掲載します。
内容について関心が持てた人、意見がある人は、
ぜひともご参加いただけたらと思っています。
よろしくお願いします。

このブログでも数回取り上げていますし、
新聞やテレビでも取り上げられることが多いです。
また、出版物も多く出回っています。
それほど「犬が咬む」(以降「咬む」と表現します)問題は、
深刻で大きな問題です。
時折、ニュースでは悲惨な咬傷事故も報じられています。

犬が苦手な人のほとんどが咬むですし、
もし、犬たちが咬むから遠い存在だったら、
犬たちのこの社会におけるポジションはもっと違ったものになっていたでしょう。
ただ、それでいても何かにつけて、犬たちが重宝がられるのは、
その咬むをコントロールできるからですね。
ここがクマやライオンを飼うのとは大きく違うところです。
咬むをコントロールできないとしたら、
犬は檻の中で飼うことが常識となっているでしょう。
危険な問題を差し引いても、やはり人にはなくてはならない存在なのです。

よってディスカッションの目的は、咬む問題を無くすことではなく、
減らすことだと考えています。

咬む問題はなくならないのですか?
人は気質、姿形もモラルや倫理を通り越して、
神のごとく「犬の生」を支配下に置いているのに、
どうして大きな問題である咬むを解決しないのでしょうか。

これは大変厳しい質問です。しかし、とても重要な質問です。

理由は咬む気質が必要ということです。
警察犬や闘犬のことではありません。
事実、警察犬の咬むは攻撃ではなく遊びの範疇ですし、
闘犬はもはや時代にそぐわなくなっています。
一部の愛好者もやがてそのことに気づく時が来るでしょう。
そうではなく、犬は犬自身が自らを守るために咬む気質が必要で、
それを守ってやらなければならないのです。

世の中のすべての動物が犬を保護するとは限りません。
それに虫かごで一生を終わらせるわけにもいきません。
時にはほかの動物に襲われることもあるでしょう、
特に人間は厄介です、
その知恵で巧みに物を武器に変えてしまいますから。
それだけではありませんね、
精神的な威圧を与えたり、保護しなかったりしますし、
都合によっては合法的に殺戮も行います。
生き物の「生命」をもてあそぶことに、
喜びと優越感を持てるのが人間です。
そういったことから自分を守るために咬むは必要で、
そうではない人たちに咬む気質は守られてきました。
何とも皮肉な話ですが、
ここの事実をとらえないと、問題の解決には進みません。
咬む問題はなくなりませんし、
仮にブリーディングでもそこを目指してはいけません。
もちろん必要以上の攻撃性や容姿を追及してはいけませんが、
最低限の防衛力は必要なのです。

よって減らす、あるいはうまく付き合っていく、という考え方になります。

と、申しましても、
例えば、現実に起こっていることで、
わが子を飼い犬に咬み殺された人などは、
到底納得できるようなことではありませんね。
もちろん誰が悪い、などといったことでもなく、
やりきれないものが残っているのは想像に難くないです。
ただ、そういった方たちに配慮しながら話を進めることはしますが、
納得していただけるとは考えていませんし、
説得力も器も持ち合わせておりません。
そこのところはなにとぞご容赦ください。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

第370回

ブルース最高!

Sbf2

連休の最終日の7日、堺ブルースフェスティバルに行ってきた。
何回目かは定かではないが(たぶん5~6回はやっていると思う)、
年1回の恒例のフェスティバルだ。
同じ大阪の高槻市では3日から5日にかけてジャズフェスティバルをやって、
それを追いかけるようにして、6日、7日は堺でブルースをやるという、
イベントがバッティングしないように、なんとも粋な計らいをするもんだと感心する。

ジャズは正体が明らかだけど、ブルースってなに?、になるかな?
確かに言葉で説明するのはとっても厄介だ。
だからここでは説明しないことにする。
まぁ、聞けばわかる、ということで、
とりあえずBBキングとジョン・コルトレーンを聞き比べてみて。

面白いのは音楽のジャンルのことだけではなく、
その成り立ちと言うか、バックグラウンド的なことも違うところ。
だから、ジャズフェスティバルはどう考えても阪急沿線の高槻だし、
ブルースフェスティバルは南海沿線のしかも古い港町の堺になる。
つまり堺で聞くブルースは最高、
行ったことないけどアメリカのシカゴで聞くのと同じテンションって感じになる。
関西人にしかわからない話ですけどね、
ちなみにシカゴはブルース発生の地と言われている。

堺東駅周辺の3か所で両日ライブが行われた。
数多くのバンドがひっきりなしに演奏するので、ブルースファンにはたまらない。
もちろん有名なブルースマンも登場する。
もちろん入場料はタダ。だからってことではないがギャラリーも多い。
しかも平均年齢タカシ、ガラ悪し。
ガラ悪いってことじゃなくて、クセのありそうな、
こだわりの強そうな、酒臭そうな、そんな普通の感じ。

Sbf1

けど、いいな~ブルースは、なんか沁みるよな、
こういう年になると、ほんとブルースに癒される。
18歳の時に聞いて感動したブルースマンも出るし、
前日の出演だったので見れなかったけど。
ほぼ40年前になるが、あの若さでブルースに感動したんだから、
自分で言うのもなんだけど、良い感性してたのかな、
それとも単におっさん臭かっただけなのか。

いつもの通り、こういった感動は自分をよからぬ方向へ導くクセがある。
そう、来年はここに出たい、と思ってしまった。
例えばですよ、ロックバンドなら年齢と容姿で予選落ちだけど、
ブルースなら大丈夫ですよ、
実際、かなり高齢のバンドが出てましたけど、
これが最高にカッコいい、そんな中に入ったら、
若造がってきっと呼ばれる、そういうのもまたイイ。

出るとしたらバンド組まないとなぁ、
欠員が出たバンドがあったらそこに入ってもいいし、
(オーディションに通ればね)
けど、練習に参加する時間があるか?
ん~~そこが問題やな、予定では死ぬまで貧乏暇無しなんでね、
となると一人で弾き語りって手もあるな、
フォークじゃなくてブルースの弾き語り、
いいですね、工場街の中を流れるドブ川にかかる橋の上で。
(今日びドブ川って言わないし、それにそんな川、無いし)
ダメダメ、歌がだめだわ、音痴だし。
そうか、だれか歌ってくれない?

Sbf3

自慢の楽器を紹介。(ええやろ~、じまん、じまん)
古いけど、楽器だから古い方がいい、
物は確かだから今でも十分使える。
といってもしばらくアンプに繋げてないけど。
バンドに入るんだったらベースで、
弾き語りならもちろんギターで、
そうだブルースハープ(ハーモニカ)も練習しよう。

ゲーム前のディスクスロー練習について。その2

先週の話で、ディスクは危険物、をわかっていただけたら、
そこを踏まえて、ゲーム直前のディスクスロー練習の在り方を検証しましょう。

まずは目的ですね、
何のために練習するんですか、ということになります。
上手になるために、が普通に返ってくる答えですが、
「今、すでに上手じゃないですか」になります。
つまり、そこそこ上手だからゲームに参加するわけで、
話にならない腕前だったらゲームには参加しないわけです。
だってゲームになりませんから。
もちろん上手のレベルは千差万別ですが、
少なくともある一定のレベルには達しているはずです。
そういったことで言うと、上手になるための練習は今必要なことではないですね。
今・・・・

いやいや、もっと上手になるためですよ。
ちょっと待った、
今、ちょこっと練習して、急に上手になるはずがありませんね。
チョイ練習で上手になるんだったら、誰も苦労はしないでしょう。
それはあなたが一番よくわかっているはず、ではないですか。

風を読んでおく必要があります。
確かに・・・・・とは言いません。
それは無駄でしょう、と言います。
まずはスロー方向を選べないのであれば、
風を読んだところで無意味ですね。
それに、風は一定ではないですから、
今の風がそのまま自分の出番の時と同じとは限らないです。
そもそも風を読むのは投げる一瞬手前です、
そして、その一瞬でスローを対応させる技術が必要なのです。
風を読んでもいいですが、やるべきことはすべて事前対策のはずです。
今、ゲーム直前にできることはなにもありませんね。

上手なところを見せつけて、ライバルにプレッシャーを与えます。
いいでしょう、この考え方は、賛成します。
だけど、もしミスったら逆にライバルが自信を持ちますよ。
ミスらなくても「あいつたいしたことないわ」って思われたら、
ナメられて一巻の終わり。
真の強者は手の内を明かしません、
それぐらいの余裕がほしいものです。

でしょ、直前練習は必要ないでしょう、
違うんです、本当の理由はウォーミングアップなんです。
どんなスポーツにもウォーミングアップは必要でしょう、それです。

確かに、今度は本当に確かに、と言います。
ウォーミングアップは絶対に必要です。
ただし、正しいウォーミングアップです。
体を慣らすが目的ですから、全力は避けなければなりません。
ウォーミングアップで故障したら目も当てられません。
本番で全力が出せるようにするのが目的です。
よって60%ぐらいの力加減にします。
それで故障はしない、しかも体はほぐれる、
何よりも60%なら100%に近いですから、
全力の感覚もつかめる、といった具合です。
この60%は正確じゃなくていいでしょう、
人それぞれの感覚でいいです。
ただ、60%を切ると意味がありませんし、
80%を超えるとリスクが高くなりますからよくありませんね。

と、考えると、
ロングスローは必要ないですね、
ここも60%になりますから、本番で40m投げたいのなら、
ウォーミングアップは25mで十分でしょう。
それに1分で6投なら4投練習すれば60%です。
ロングスローを投げないウォーミングアップにはもう一つの効果があります。
それは今日のベストな調子を維持できることです。
もし、ウォーミングアップで場外スローなどのミスを犯すと、
それが脳裏に焼き付いて、きょう一日を支配されます。
失敗した自分を見つめてしまうんですね、
そうなると常に不安になりますから、心ここにあらずになって、
ミスを連発してしまいます。
どんなスポーツもメンタルなことが大きく影響することは常識になっています。
ウォーミングアップのたった1投のミスで、
今日を台無しにしてしまいます。
60%の力ではミスしませんから安心してください。
それでもミスをするならゲームに出ることを考え直したほうがよさそうです。

という風に、このウォーミングアップ60%効果は、
内面にも作用します。
この内面作用はやる気にも現れます。
意欲が薄れるということではなく、本番直前まではリラックスできるということです。
気の高ぶりが起きませんから、変にイライラしたり、
あせったりすることはなくなります。
ゲームは特殊な環境ですから、ついつい平常心を失い、
それは犬たちにも見破られたり、プレッシャーになったりします。
昔から言われる「肩の力を抜いて」は肝心なのです。

さて、これでゲーム直前のスロー練習の在り方がわかっていただけたと思います。
あとは実行に移すのみですが、先週の安全対策と同時に取り組んでください。
そして、もし全力で向こうに人がいるにもかかわたず、
殺人的ディスクを投げている人がいたら、
丁寧に注意してあげてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

第369回

和洋・粟玄

なんて読む?
意外にも普通、そのまま「わよう・あわげん」。
で、それ何?
和菓子のこと、先日いただいた。
和洋がその菓子の名前で、粟玄が店の名前。
お味の方は個性豊かに‥…

Wayo3

などともったいぶって、ちょっと通ぶるつもりだったんだが、
この野望は簡単に打ち崩されてしまった。

と言うのも、ブログのネタにするために少し調べてみたら、
なんと超有名な店の一番人気の菓子であることがわかった。

つまり知らなかったのは「自分だけ」、
みたいな空気が自分の中に充満してしまったのである。
そうなると、どことなく恥かしいやらみっともない気分になる。
それに頂きものであるから、くださった方にも申し訳なくて、
申し訳ないというよりは、情けない奴と思われているかもしれないし、
と何ともネガティブな脳みそになる。

だってですよ、ここはやはり、いただいた瞬間に「粟玄の和洋やん」、
って、驚いて見せるのが礼儀、ってもんだと思う。
でも完全に「知らんなこいつ」って思われているのは間違いない。
もちろん「ありがとう」は言ったけれど、
えっ、そのリアクションで終わり?素人やな、って。
素人かどうかの境目は難しいけど、
誰もが知っている有名どころを知らないんだから、話にならないでしょう。
情けないったら、ありゃしない。

ほんと、申し訳なかったです。
と、ちゃんと謝っておこう。
まぁね、何も自主申告しなくても知ったかぶりを通してもよかったんだけど、
さすがにそこは良心の呵責がね、ほら、あるじゃん。

あーどうでもいい話、

Img_1677
指が・・・・汚っ!

しかし、こいつは美味い。
衝撃的うまさだ。
そしてそのうまさの構成が全く分からないから不思議だ。
アーモンドとコーヒー味がカラメルっぽくしっとりと‥‥でもしっかりとした歯ごたえで、
ダメ、説明できない、
とにかく、この世にこんなものがあったのか的、美味さだ。

実はこの感覚に襲われるのは2回目、
1回目は静岡のかりんとう饅頭だった。
確か、かりんとう饅頭が世に出始めたころだったと思う。
差し入れでいただいて、驚いた。

Karin
今はどこが老舗かわからないけどね。

こうなるとどっちが一番か、ってところが気になるが、
そう言った下衆な評価はやめておこう。
どちらも捨てがたいし捨てられない。

人生、こんな思いを2度もさせてもらって感謝、感謝。
3度目?あると思う。きっとある。
いや、無くてもいい、無くてもいいから、
2度目リピートでもいいですよ、よろしく。

ゲーム前のディスクスロー練習について。その1

ちょっと苦言を呈します。
ゲーム前のコート内におけるディスクスロー練習についてです。
多くの人がレベルやポリシーに差がありながら、
あの狭いコート内でスロー練習するわけですから、
当然と言えば当然なのですが、ディスクの衝突事故が起こります。
言うまでもなくディスク同士がぶつかるのではなく、
投げたディスクが人に当たるということです。
あたりどころが悪いと、重症になることがあるので注意が必要です。
頻繁にあるわけではないと思っていますが、
現場を見た事実はこの20年で8件の重症例(医師の診察が必要)があります。
ですから、私の知らないところでも相当数起こっているはずです。

主催者側も対策を講じるわけで、
事細かにルール設定して防止対策を施している団体もあります。
そう言った取り組みは業界から大きく評価されるべきですが、
残念ながら根本的な解決策にはなっていません。
ルールの強化は適用範囲を超えたところでは意味を持たなくなるからです。
つまり、コート内でのルールは、コート外では適用外となるわけです。
そうなるとコート外で事故が起こります。
適用範囲をコート外も含めて、例えば今日一日この場所では、
などと言うことにしても、その場所以外のまったくもってプライベートな練習まで、
ルールを守る人はいません。

もちろんそうなると、当然主催者も団体もないわけですから、
(たとえ会員であっても)
個人の責任になるのですが、業界が大きな痛手を負うのは間違いありません。
もしかりに、どこかの公園で誰かが投げたディスクが近くにいた幼児さんに当たり、
運悪くその幼児さんが重傷を負われて、ニュースになったら、
業界は進退を迫られることになるでしょう。
そんなバカな、じゃないですよ、世の中の仕組みとはそう言うものです。
だからモラルが問われるのです。
一番の解決策はプレーヤーの意識レベルの向上だと考えます。
上から目線や先輩風などと言っている場合じゃないので、
苦言を呈するになるのです。

危険物を投げている自覚を持つ。
この自覚で全てが解決できます。
あなたが今投げようとしているものは危険物です、
競技用のディスクですが、使い方によっては殺傷能力を発揮します。
包丁と一緒です。料理に使う時は凶器ではありませんが、
人に向ければ凶器です。
車と一緒です。ドライブは楽しいですが、人をひき殺せば殺人犯です。
そんなたいそうな、ではありません。
その自覚を持つことが大切なのです。使い方を誤らないために練習するのです。

危険物である自覚を育てる。
なぜに危険物である自覚が持てないのでしょうか?
その答えはディスクドッグだからです。
ディスクドッグじゃないディスクスポーツの人はみなさん危険物の自覚を持っています。
じゃあなぜディスクドッグだけが、自覚を持てないのでしょうか、
その通りです、ディスクドッグはあなたがディスクをキャッチしないからです。
投げることしかしないし、投げることばかりが上手になって、
キャッチを経験しませんから、怖い思いもしませんし、
キャッチしやすいディスクのこともわかりません。
だから危険性に気が付かないのです。
だからといって即座に強烈な殺人的ディスクのキャッチの練習をしてはいけません。
間違いなく顔面に直撃するか、よけてしまい他の人に当たります。
適切な練習はディスク競技、
マキシマム・タイム・アロフト[M.T.A.](Maximum Time Aloft)を行うことです。
説明はしません、知らない人は自分で調べてください。
ただし、誰もいないところで試してください。

ディスクについて知る。
レギュラーディスクとそうでないディスクの差を深く知りましょう。
自分勝手に都合のいいように解釈しないで、
特性と危険性を同時に考えましょう。
普通に考えて重たいディスクは危険度が増します。
同じように径の小さなディスクは飛行速度が速くなり、危険度が増します。
同じ大きさの同じ重さでも、素材の硬いディスクは危険度が増します。
普通に考えればわかることです。
だから普通に考える練習をしてください、
バカにしているわけではありません、
普通に考えるとはナチュラルに考えるということです。

ルールではなくモラルで解決する。
上記のことで危険物である自覚が持てます。
ならば当然、どの状態がモラルか理解できるはずです。
まずはキャッチしてもらう以外に人に向けて投げない。
そして、キャッチする以外で飛んでくるディスクの軌道上に立ち入らない。
最後に距離角度をコントロールできる範囲で投げる。
この3点を実行すれば十分です。

それじゃ、ゲーム直前の練習はできないじゃないですか、
要するにスロー練習を禁止するってことですね。
と言うお怒りの声が聞こえてきそうですが、それは違います。
それが可能になるようにみんなが譲り合えばいいわけです。
一人で独占しようとするとうまくいきません。
だったら、ルール化してくださいよ、
ってさらにお怒りなされそうですが、
断言、そんなもんルール化しません、理由は前述した通り。
そもそもゲーム直前の練習のあり方がおかしい。

ということで次週はゲーム前のスロー練習のあり方、
について話しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ