« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

第368回

ドアスコープ

お約束です、夏じゃないですが怖い話します。
ウザイ?
そう言うなよ、したいんだよ。
人から聞いた話なので、作り話かどうかは知らない、って作り話に決まってる。
ただ、「あるかも」と言う怖さは確かにある。

怖いで~、知らんで~、夜中トイレ、トイレ~(遠いで~)。

コホ、ケホ…では、始めます。

そのころ新入社員だった私は社宅に住んでいました。
4階建てのビルで、独身寮として1Kのワンルームになっています。
エレベーターはありません。階段は建物の中央にあり、
私の部屋は4階の階段の右側、一番奥の端っこの部屋でした。

入社して1年ほどたったある日曜日の午後のことです。
外の共用廊下を移動する人影がキッチンの曇りガラス窓に映りました。
1Kですから、キッチンは玄関ドアの横に、シンクが共用廊下と平行にあります。
この部屋は端っこですから、その人影は私のところの来者に違いありません。
普通、すぐにドアホンが鳴るはずですが、一向に鳴りません。
それに間違いか何かで、戻る人影がキッチンの窓に映ることもありませんでした。
ドアホンが壊れていたらノックするか呼ばれるので、それもなさそうです。

奇妙な感じがしたので、玄関ドアのドアスコープを覗きました。
するとそこには若者が立っていました。
ほとんど手入れのされていない髪は額と耳を隠しています。
顔色は悪く真っ青です。
まばらな無精ひげが年齢を感じさせます。
おそらく私と同じぐらい、20代半ばでしょうか。
瞳が見えないほどの細い目はじっとこちらを見ていますが、
なぜか口元は目とは正反対に軽く微笑んでいます。

荷物が両手にあってドアホンのスイッチを押せないのだろうと、
勝手に判断し、「ハーイ」と返事をしながらドアを開けました。
しかし、そこには誰もいませんでした。

階段に続く共用廊下を目で追いかけましたが、
誰もいませんでした。
気のせい?理解不能のままドアを閉め、部屋に戻ると、
共用廊下に面しているキッチンの前の窓越しに、
誰かの影が移動しているのが見えました。
慌ててもう一度ドアを開けましたが、やはり誰もいませんでした。

この若者に次に会ったのは8年後です。
社内恋愛が実り、結婚が決まって、
この独身寮から引っ越しをするまさにその日でした。
全ての荷物をトラックに積み込み、鍵をかけて出かけるその時、
キッチンの窓に人影が走ります。
てっきり引っ越し屋さんだと思い、
玄関の鍵はかかっていないので、勝手に入ってくるだろうと思っていましたが、
ドアが開くことはありませんでした。
気になってドアスコープを覗くと、あの時の若者があのままの姿で立っていました。
覗いて見て、初めて思い出しました。
さっとドアを開けると、やはり誰もいませんでした。
そしてまた、ドアを閉め部屋に戻ると、
影が去っていくところがキッチンの窓越しに見えました。

結婚して15年念願のマンションを買いました。
会社は10年前に社宅を売却しました。
そして住宅手当を充実させました。
こう言ったこともマンションを買うきっかけになったと思います。
近頃のマンションはセキュリティーもしっかりしていて安心です。
ドアホンもカメラ付で人感センサーで作動し、
チャイムを鳴らす前に来訪者をモニターで確認できます。
また、静止画を保存することもできます。
マンションで生活し始めて1年後、転勤を命ぜられました。
子供も小さかったので単身赴任することにしました。

独身時代の一人暮らしの経験があったせいか、
単身赴任生活に支障をきたすようなことはありませんでした。
住むところもこっちで勝手に決めることができます。
ただし手当の上限を超えてはいけないので、
必然的に節約志向になり、1K物件に落ち着きます。

その日は飲み会があって少し遅い帰宅となりました。
金曜日だったので明日は会社が休みと言う状態が、
そうさせたのは言うまでもありません。
風呂から上がってくつろいでいると、
ふと、玄関のカギをちゃんとかけたか気になりました。
今はすっかり酔いも醒めていますが、帰ってきた直後は記憶があいまいです。
大丈夫でした、カギはちゃんとしてありました。
確認したのち、ふと、なぜかドアスコープを覗きました。
あの若者が初めて見た時のままそこに立っていました。
同じように口元だけが笑っていました。

その瞬間、携帯が鳴りました。妻からでした。
見知らぬ人が暗がりの中ドアの前に立っている、と言うものでした。
センサーが感知してリビングのモニターに映し出されたようです。
しばらく立っていたが、瞬きしている間に消えたそうです。
妻に画像を送るように言うと、すぐにメールで送られてきました。
そこに映っているのは今しがたドアスコープで見た人物とまったく同じでした。

いったい誰だろう、この世の者かあの世の者かもわかりません。
だた、きっと20数年間付きまとわれていたことに違いはありません。
そしてこれから先も。

お終い。

怖っわ、
ダメですよ、確認しに行っちゃ、
気になる?じゃ戸締りだけ確認。
絶体にドアスコープ覗いちゃだめですよ、
ダメだって、もし誰か立っていたらどうすんのよ。

Dasc

獣医さんの選び方、その4、最終回

さて、では何を基準に獣医さんを選ぶか、という話です。
おっと、その前に、
本当にすいませんでした。エラそうにいろいろ言い切ってしまいました。
さらに、最終回に及んでは「選ぶか」などと上から目線極まりないです。
どうかお許しください。
その上で、どうか文句なしに選ばれてやってください、
どうぞよろしくお願いします。

◎相性がいい。
すいません、いきなりここからスタートします。
なんだかんだ言って結局ここかい、って叱られそうですが、
ここです、間違いありません。
獣医さんと言葉を交わす前に、
あえて言うなら外の看板を見た時に相性がほぼほぼわかります。
社のいで立ちは社長の、しいては社の姿勢を伺い見ることができます。
漂う気は足が向くか向かないかを、玄関をまたげるかを判断できます。
なんとなくで十分なレベルでしょう、
よって救急じゃない時間の余裕のある時に一度訪問してみるといいでしょう。

◎玄関前に駐車場がある。
犬には救急車が来ない以上、自家用車で搬送することが前提ですし、
救急以外にも重症の場合も、近くであったにせよ、
離れた場所から病院へ運び入れることが不可能になります。
目の前に駐車場を設置していない病院は、
小型犬以外診察拒否だと思えるほど、駐車場は重要です。

◎ドクター、看護師が2名以上常駐している事。
この人員は緊急医療に対処できるぎりぎりでしょう。
あくまでも診察時間内において、です。
時間外の診療や救急搬送も選ぶ基準にしていないのは、
そうすると現実問題として選べないようになるからです。
中には公にしていませんが救急見ますよ、
と言って携帯電話のメモを渡してくれるドクターもいますが、
そういた場合は好意に甘んじるべきだと思いますし、
躊躇なく甘んじれるように、普段からの付き合いを考えてもらえばと思います。

◎混雑している。
犬の医療は研究し尽くされていませんから、
結局、数の勝負になります。
つまりその医院でどれほどの症例を扱ったかに、
頼らざるを得ない状況だということです。
マニュアルにはたくさんの症例は載っておらず、例題だけです。
よって症例の多さは患者の多さになります。
いつでも空いていて、待ち時間ほとんどない、
それは扱った症例の少なさを証明しているようなものです。

◎ドクターの年齢が50歳以上
上記と合わせて経験値がモノを言いますから、
当然キャリアが長い方がいいでしょう。
若いドクターがダメだと言っているわけではありません。
若くてもそれなりに多くの症例を経験しているなら間違いはありません。

◎犬に咬まれた経験が少ないドクター。
動物病院と言う場所は犬にとっては特異です。
よっておとなしい子でもつい、犬らしさを発揮してしまいます。
攻撃的になった犬には獣医さんも大変です。
自分が咬まれる危険がありますからね。
犬たちを手なずけるのではなく、
犬に咬ませないようにさせることが獣医さんには必要です。
触診ができなければ治療を進めることはできませんし、
獣医さんが咬まれても治療は不可能です。
犬が好きか嫌いではなく、怖いか怖くないかでもなく、
咬まれても平気でもなく、
犬に咬ませないように接することが重要です。

◎飼い主さんを叱らないドクター。
やたらと飼い主さんを叱るドクターがいます。
そうする気持ちはわかりますが、
はっきり申しまして、昭和の青春ドラマの見すぎです。
それに飼い主さんのカウンセリングが必要なのではなく、
今はその犬の治療が必要なのです。
気持ちはわかりますが‥‥
犬たちとは言語で分かり合えません。
よって犬たちの状態を一番近くにいる飼い主さんに聞くわけですが、
獣医さんの威圧的態度は真実を語らせず、
その場を取り繕うだけになります。
これでは問診の意味を成しません。

◎対等に話ができるドクター。
一番最初の相性とも関わってきますが、
何でも聞かれて、何でも聞ける関係がいいかと思います。
知らないことは知らないと言えるドクター、
込み入ったことを聞いたときに真摯に答えてくれるドクターです。

以上で終わりますが、
今かかりつけの獣医さんがいて、その関係がうまくいっているのなら、
あえてそれを壊す必要はないでしょう。
もし新しいかかりつけ医を見つける必要があるなら、
今回のことは十分お役に立てるでしょう。
口コミや評判は二の次にして、まずは自分で出かけて確かめましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

第367回

床下に何かいる。

縁側と言うか、ウッドデッキと言うか、
窓の外に板の間がある。
部屋の掃き出し窓から段差なく出られるので、
その板の間の床下はけっこう深い。
普通その床下は庭の地面と繋がっているから、
しかもそこそこの空間なので、知らず知らずのうちに物置化してしまう。
濡れ縁とも呼ばれているとおり、雨ざらしだから濡れて困るものは置けないが、
使わない植木鉢とか灯油ポリタンクなんかが常連となって、なんとも汚くなる。
で、それを防ぐために周囲を板で囲むわけなんだが、
そうなるとこの空間が秘密基地みたいになるから面白い。

Img_1645_2

犬たちが時々、「床下になんかいるから見てくるわ」と言うので、
そんな時は囲んだ板を一部開けてやることにしている。
そしてその時に必ず「けったいなもの見つけたらあかんで」、
と念を押している。
「けったいな」とは関西弁で標準語では「変な」あるいは「正体不明」になるか。

Img_1644_2
ここが開くようになっている。

かつてこの床下にいたけったいなものは、
稀少順に3位ムカデ、2位ヘビ、1位イタチだ。
以外では通年見かけるバッタの仲間でカマドウマ、ダンゴムシぐらい。

犬たちの勘は鋭いから、
「なんかいる、見てくる」と言った時は必ずなんかいるはず。
そして見つけたら、捕獲しないまでも追いだすことになる。
イタチは目にも止まらない速さで逃げて行ったが、
ヘビは尻尾に犬パンチを食らいながらの逃走だった。
ムカデは咥えられていた。

Img_1649

Img_1654

ところがたまに誰もいない時がある。
誰かいる時の方が珍しいんだけど。
「おかしいな、誰もいないわ」と言って床下から出てくる。
それでもやっぱり気配はあるみたいで、
「ちょっともう一回見てくるわ」と言って、
何度か床下に潜り込む。
電灯もって一緒に潜り込んだ時もある。
だけどやはり誰もいなかった。
でも確かに気配はあるようで、きっと何かがいるのだろう。
その何かとは見えないものかもしれないし。

Img_1653

家の中でも、ふとそんなことを考える時がある。
なんか気配を感じるんだな。
そしたら必ず中を確認するようにしている。
階段下の納戸や布団が入っている押入れに、
知らない間に誰か住んでいるかもしれない。
クローゼットの奥に隠し扉があって、他の世界と繋がっているかも、
と想像したら、ゴミ屋敷のように積まれた衣類をどけて確認してみる。
今は倉庫になっている屋根裏部屋も、気付かれないようにそーっと覗いてみたりする。
玄関の靴箱には小人が住んでいるかも。
他の人にそんなことをしているところを見られたら、ほとんど病気、
だけど感じるんだから仕方がない。

そう言うことってないですか、みなさん。

あっ、これ書いてて思い出した、怖い話。
来週したろか?

獣医さんの選び方、その3

獣医さんの産業的関わりとは少々おかしな言い方ですね、
要するに自分の仕事と割り切っている人、
と解釈してもらえばいいでしょう。
ちょっと険のある表現になるのは許していただきたい。

人の医療関係は常に緊急医療を念頭に考えますが、
動物医療の場合はそうではないですね。
よって当然獣医さん自身にも緊急医療に対する考え方はまちまちで、
そのことに積極的に取り組む人と、
完全に拒否する人がいます。
人の総合病院でない個人医院なんかも、
緊急医療については取り組んでいませんが、
総合病院が24時間体制になっていますから、
万が一、緊急医療が必要な時は、その専門に任せばいいわけです。
それはそれで拒否しているわけではなく、
そう言う体制で対処していると言えるでしょう。
ただし、24時間体制の総合病院が存在しない過疎地や離島は別ですが。

動物医療は総合病院は必要なくても、
24時間体制の救急病院は必要です。
しかし現実には大都市に1つあるかないかですね。
たまたまその救急病院に行ける範囲に住んでいるかどうかで、
その犬の命の扱いに差が出るのはなんともやりきれないでしょう。

確かに緊急受け入れを実施すると、獣医さんの任務は激化します。
獣医さん一人でやっておられる病院では不可能なことです。
しかし、なるべく対処してあげようという姿勢は責任としてあると思います。
なぜならその対処でその命の行く末が決まるからですね。
余談になりますが、
あらゆる仕事において「一人作業の危険性」が取り沙汰されています。
一人作業はもしその人に事態が起こったときに、
その本人も周りの人も命の危険に脅かされるからですね。
ワンマンカーのバスの運転手が気を失って、バスが暴走、
なんてことは二人作業なら防げたはずです。
そうするとコストが、なんてことをすぐに言い訳しますが、
重要なのは命を守ることであって、コストではないです。
しかし、利益がないと継続することはできません。
そうですね、だけどそこを何とかするのが技術であったり、
戦略であったり、アイデアだったりするわけです。
全ての事業所がそのバランスを模索しています。
近々きっと目を見張るような体制が実現されるでしょう。

しかし残念ながら獣医さんにはそう言った改革は起きないかもしれません。
獣医2名、看護師2名の配置を開業の条件にしたら、
だれも新しく動物病院を開業しないでしょう。
なぜなら緊急医療と遠いところにあるから獣医院を開業した人がたくさんいるからです。

私がこの事実を身をもって知ったのは20年ほど前です。
当時我が家の犬はジャーマンシェパードでした。
引っ越しした時に新しい家の近くで、
具体的には歩いて行ける距離で獣医さんを見つけなければいけませんでした。
幸い、獣医さん一人の小さな個人医院ばかりでしたが、
数件見つけることができました。
その中で最初に行った病院で、
連れている犬を見て診察前に話をされました。
その話とはジャーマンシェパードに胃捻転があること、
そして緊急手術が必要なこと、でした。
もちろん理解があることを説明しますと、
ならば話が早い、ということで、単刀直入に、
ジャーマンシェパードはいかなる診察でもお断りしています、
ということでした。
理由としては、緊急の胃捻転の手術ができないからでした。
深夜休日はもとより、開業中でも獣医一人、助手一人では対処できませんと。
さらに、予防接種等でかかりつけ医にされると、
緊急医療を断りにくいので、受診しないでほしいと言うことでした。
この時、確かに憤慨しましたが、
よくよく考えると、この獣医さんは正しく親切だと思います。
できない事、したくない事をはっきりと伝えるわけですから。
その後、残りの数件には、この事実を初めに説明しますと、
全員が同調されました。
嫌な態度ではなく真摯に受け答えいただきました。
中には体制の改革を求める意見を言われた獣医さんもおられました。
結局もとに住んでいた場所から、
通っていた獣医さんに今だお世話になっているのですが、
この時には随分と多くのことを学ばせていただきました。

緊急医療に取り組まないからダメな獣医さんではないですよ、
取り組めない体制に甘んじているのがよくないだけです。
最終的には診察や経営は秘密主義になっていきます。
獣医さんに質問するなんてもってのほか、と言う扱いなります。
やがて診察料も予防も不透明になります。
そこが良くない、という話です。

ところで、先ほどの最初に行った獣医さん、
もし、トイプードルが胃捻転で担ぎ込まれたらどうしたんでしょうね、
(もちろんトイプードルにも胃捻転は発症します)
胃捻転とわかっていて、あと数時間で手遅れになるとわかっていて、
ちょっと様子見ましょうって、言ったのでしょうか、
それとも他の病院に搬送したか、
あるいは事情を説明してそのまま安楽死を選んだか。
手術はしない、できないって言っている以上、
この3つしか選択肢は有りませんが、どうするんでしょうか。

続く。

次週はいよいよ、「獣医さんの選び方」で最後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

第366回

時節の話題

クモのヘレンが登場する絵本が我が家にあった。
その昔、息子が幼児のころのことである。
タイトルは何だったっけ?‥‥‥忘れた。
話の中身は‥…忘れてない、
え~~っと、たしか、いい話だった気がする、
ヘレンと言う名のクモが出てきて‥…いいことする、
要約するとこんな話。
その絵本以来、我が家ではクモを大切にする風習ができた。
だから家の中はクモの巣だらけだ。
と言っても、ホラー映画に出てくる空き家みたいにはなってない。
冬になって家主が死んだかどこかに行って空き巣になったクモの巣は、
掃除機で吸い取ることにしている。
残っているクモの巣は、
越冬のために冬眠しているクモの姿が確認できるので春まで放置している。

そう、飼ってる、と言えなくもない状態だ。
ただし、エサはやらない。
(エサと言う言い方は犬以外の生き物に使う主義、もちろん人間も)
クモなんだからちゃんと狩りをしていただく。
獲物は小さな飛ぶ虫。
当然、蚊もターゲットだが、何と言ってもこいつがありがたい。
なぜか蚊の多い地域で、犬たちが自由に家と庭を行き来するので、
家じゅうが蚊だらけになる。
すき間から蚊が入ってくるのではなく、
どうやら犬の体にくっ付いて入ってくるようだ。
で、家の中で自由を得た蚊は、今度は人間をエサにしている。

ヘレンがどれほどの蚊を捕まえているかはわからないけれど、
蚊のシーズンが終わったときの、
ヘレンの家を見ると体液を吸われた虫の死骸が天日干しされていて、
少しばかり狩りの成果を見ることができる。

Img_1502

2月ごろの撮影、階段の踊り場の壁の角、冬眠中のヘレン、
大きさからしてたぶん幼齢か、
真ん中の黒い粒みたいなやつ。
周りに食べかすが残っている。
これじゃわからないので拡大。

Img_1504

右側は脱皮の抜け殻。

もう一つ。

Img_1506

キッチンの小窓のところ、トースターの裏。
こちらは巣ではなくなぜかそのままチョコンと冬眠。
死んでる?ちょっとさわるとかすかに動く。

Img_1612

それから2か月、桜が咲いた。
そしてふと見るといない、ん?どこへ行った?
食べカスが同じだから同一場所の証拠になっている。
行動的になっているのだから無事に冬眠から覚めたようだ。
実は冬眠は安全ではない。
まず無防備だから天敵に狙われやすい。
天敵とはその手の天敵だけではない。
たとえば掃除機やほうき、虫好きの幼児も天敵になりうる。
あと、激しい気候変動もそうだ。
この時代、地球温暖化の影響で、冬場の環境が安定しない。
もっとひどいのが家の中だ。
暖房があると春の陽気、就寝前に暖房を止めると一気に極寒のシベリアになる。
暖かいと冬眠から覚めるし、で、また寒くなっても、
すぐに眠たくなるわけではない。
少しづつ寒くなるから眠たくなって冬眠できる。
一気に寒くなると冬眠ではなく凍死になる。
そんなわけで冬眠と言えども油断はできないのである。

Img_1509

もしかしたら、こっちの人はもう死んでいるかもしれない。
ちょんちょんと突いてみるとわかるんだけど、
死んでたら嫌なのでそのままだ。
あと1か月してまだこの姿勢だったら完璧に天国だろう。

桜だけでない春の話題でした。

Img_1629

いちおう桜の写真も(散歩コースの遊歩道)

獣医さんの選び方、その2

産業動物かペット産業か、どちらが正しいかわからないですが、
犬を取り巻く産業が確かに存在していて、
市場規模もそれなりにではなく、非常に大きいです。
動物病院も医療分野とは別に産業分野の側面も持つ、と言うことなのですが、
人間の医療もそうなのだから、産業分野にあることが不適切ではありませんね、
とっても自然なことです。
気持ちとしては医療分野は慈悲の集合体であってほしいと思いますが、
それで成立しないことはみんながわかっていることなのです。

ただ、前述した通り、犬の命は軽い扱いですから、
産業分野の側面においても軽い扱いになっています。
ここも人とは比べ物になりません。

まずは研究からです。
以前に獣医さんから直接聞いた話をしましょう。

「犬の病気は実はほとんどがわかっていない状況です、
なぜかって言うと、たいして研究されていないからです。
研究したいと思っている人がいても、趣味で研究できるレベルではありません。
一つの病気に対してかかる研究費用は人用も犬用も変わりないはずです。
でも予算は限られていますから、
どっちに使うかとなると、絶対的に人の方に使うことになります」

さらに、
「だから、人と犬に共通している病気は研究されますが、
犬にしかない病気はさほど研究されないのが事実なのです」

という話なのですが、妙に説得力ありますね。

たとえば薬を開発したとします、
しかし、膨大な実験と安全と、
肝心の効き具合を徹底して開発できるシステムにはなっていない、
ということですね。
さらに、副作用が多く出ても改善しないでしょう。
むしろアフターケアはほとんどしないのではないでしょうか。

薬品メーカーは開発費に見合う収益が見込めないと開発することはできません。
となると、治療薬よりも予防薬の方が収益が上がりそうです。
治療薬は治ったり死んだりするまでの需要ですが、
予防薬は一生涯を通してですから、市場に出回る数が違ってきます。
人と共有できる医薬品は比較的安全だと言えますが、
犬専用の医薬品は製品としての完成度は低いのではないでしょうか。
批判ではありません、そう言うシステムだからです。

犬専用の医薬品、使う側として簡単にわかるのは予防薬のほとんどですね、
狂犬病予防接種、混合ワクチン、フィラリア症、そして最近はやりのダニ取り剤ですか。
法律に保護され、世間の常識とされ、地域性の指導を受けて、
薬品メーカーに説得されて、自分の犬に投与することになるのですが、
その中身はほとんどの場合説明されません。

ちょっと意地悪して質問してみましょう。
1年に一回を義務づけられている狂犬病予防接種、効力のあるのは本当は何年?
以前は4種だった混合ワクチン、最新は11種、
病名とその症状、ワクチンの有効期限、11種全部言えますか?
フィラリア予防薬とダニ取り薬、どんなシステムでその虫に作用するのでしょうか?

答えは書きません、自分でかかりつけの獣医さんに聞いてください。
先に調べてから聞いたらダメですよ、それはほんとうの意地悪になります。

狂犬病の予防接種がもし一生涯有効だとしたら、随分とお金が助かりますね。
混合ワクチンは種類が増えるほど高価になります。
フィラリア感染症はもしもの対策として前後一か月をプラスされます。
ダニ取り薬は最近ですね、
ということは昔の犬たちはマダニからの感染症でたくさん死んでいたのでしょうか。

どうですか、気が付かれましたでしょうか、
そうなんです、たぶん、間違いなく犬用薬品メーカーの売り上げのほとんどは、
この4つでしょう。
儲けてはいけないという話ではありませんよ、
必要な産業なのですから、
良いもの作ってどんどん儲ける、いいと思います。
ただ、使う側がしっかりとその薬についてわかってないといけない、
ということです。
知らない犬に与えるのではなく、自分の犬に与えるのですよ、
全面的に信用するとかじゃなく、正体を知っておくのは責任だと思います。

今回は薬品メーカーの産業的関わりの話でしたが、
次週は獣医さんそのものの産業的関わりについて話しましょう。

続く。

余談ですが、ワクチンでアレルギーを起こして死んでる子いますよ、
多いか少ないかはわかりませんね、
それに因果関係を突き止めるのも難しいでしょうね、
なんたって、強烈なワクチン4種類同時に摂取するときがありますからね、
6月とかそうなんじゃないですか、
自分に当てはめるとそれは嫌ですね、
せめて一か月に1本ぐらいにしてもらいたいです。

余談その2、
薬品メーカーは犬で生体実験つまり、犬体実験してるんかな、
してそうな気がするけど、
やっぱ神の領域ですな、そこは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

第365回

腰痛その2

おかげさまであれからうまく付き合ってます。
無理さえしなければ何とかなるもんです。
それでそのうちに症状が和らげばもっけもんでしょう、
それぐらいの気持ちでいます。
だから予防策も重要になりますけどね。

この季節、具体的には3月から4月にかけて、
庭の雑草取りをしなければなりません。
これをしっかりとやっておかないと、
芝生の生育に問題がでます。
問題と言うか、芝が育たなくなるんですね、
つまり雑草に負けてしまうんです。

今はまだ芝生は目を出していません。
地中の浅いところで茎を潜らせています。
そしてもう少し暖かくなったら、枝分かれしながら一気に芽吹いてきます。
ところがこの雑草、名前はスズメノカタビラって言うんですが、
こいつがしっかりと根を張って芝の茎の成長を阻害するんですね、
で、芝は成長しないわけです。

と言うことで、このスズメノカタビラが成長する前に除草しなければならないのですが、
それがまた成長が早くって、ちょっとサボるとあっという間に大きくなっていきます。

Img_1534

立派に成長してるスズメノカタビラ、
こうなるとほんと大変。

Img_1535

雑草取りはもちろん手作業なんですが、
しゃがんでの作業なので、腰への負担が大きいのです。
わずか10分ほどの作業で、すっと立ち上がれないほどです。
立ち上がっても、腰の曲がったじいちゃんになります。

Img_1530

そこでこいつの登場です。
今年初めて購入してみました。
昨年までは腰痛持ちじゃなかったので、
座り作業ができたのですが、今年はどう考えても無理です。

Img_1539

実際使ってみると、んん、楽です。
たいして高くないところに座るのですが、
これぐらいでも十分に効果的ですね。ちょいと驚きです。
座面が回転するの良いです。
ちなみにお値段は1500円、高い?
いやいや安いですよ、この快適さで1500円、
耐久性が心配ではあるけれど、1シーズンで壊れても安いかも。
とにかく、腰の負担がほとんどないのが素晴らしいです。
どうでしょうか、皆さん、
一家に一台、「イージーターンチェアー」、
本日は特別価格にて提供いたします。
台数に限りがあります、今すぐお電話を。
(ほんまに電話してくんなよ)

ところで「腰痛あるある」を一つ。
和式トイレで拭けない。
痛みで腰が回らないから、前からも後ろからも無理。
しかも和式トイレにはウォシュレットがないから最悪。
どうしたか、って?
それは言えん。

獣医さんの選び方、その1

この話はマズイですね、
いくらなんでも話題がないからってここに手をつけちゃいかんですよ、
そうなんです、まさに聖域、本当は触れてはいけないところなんですが、
あえて踏み込んでみましょう。
そうするとそこが聖域でも何でもないことがわかりますし、
隠れた問題を考えるきっかけにもなります。

獣医さんを批判するつもりも攻撃するつもりもありませんし、
意見を言うつもりもありません。
犬飼にとって必要な間柄なので、
本音で付き合える仲になりたいと思っているだけです。
タイトルはこっちからの上から目線で申し訳ありません。

さて、まずは現状を再確認しましょう。
この手の話はタブーになっているので、
ついつい現状を忘れがちになります。
そうなるといつの間にか理想を現実と勘違いしてしまうので、
何かと不都合が起きてしまいます。
不都合とは実際に獣医さんの世話になるときに、
特に緊急事態の場合など、過度の期待をしてしまったり、
あるいは、わかっているけれど不条理さに怒りを覚えることです。
少し酷なことですが、現実を突きつけさせていただきます。

犬の命は軽い。
全ての生き物の命は同じ重さではないです。
そんな中で犬と猫とあえて言うなら馬だけは、と思うのですが、
残念ながら人に比べたら軽いです。
それもちょっと軽いじゃないですね、
比べ物にならないぐらい軽いです。
言い方悪いですが、家畜レベルです。

獣医さんもちゃんといるし、そんなことはないでしょう、
世間では犬猫はペットではなくコンパニオンアニマル、って言われているし、
仕事をして人の役にも立つし、
セラピードッグなんてその最たるものだし、
薬も設備も人並みだし、
何と言っても家族の一員だし。

そりゃそうだ、間違ってません。
けどね、夜中どころか日中でも救急車はきませんよ、
その意味は、救急車が必要な時には死んでおいてください、なんです。
これ極端な話じゃないですね、
救急車が必要でないレベルと言う認識は、
犬を取り巻くほかのすべての基準となっています。

ペットホテルや犬を一時預かりするところ、
もちろん保健所の殺処分施設も、
あえて悪環境ではないにしても、
不慮の事故は仕方がないというレベルの安全管理です。

ペットグッズもそうです。
売れることが第一で安全は二の次です。

安全とは言うまでもなく、命を守ることです。

そして獣医さんも、という話になります。
それって最悪じゃないですか、と言われそうですが、
そうではありませんね、
たとえば麻酔事故、おそらく頻繁に起きているはずですが、
公表されませんし、誰も調べません。
当の飼い主さんにもそれは言いませんので、
実態はまったくわかりません。
たぶん、獣医師会でもデータの共有もされてないのでは、と思いますが、
されていたらゴメンなさい。
つまり、その安全レベルで対処しようということで、
そのように環境整備してきたので仕方がないのです。
一人の獣医さんが「い~や、それではダメだ」と言ったところで、
世間の環境から変えないといけないので、
夢物語ではないですが、簡単ではないです。
それに、これも言ってはならないことかもしれませんが、
飼い主さんの方の自覚も世間一般ですからね、
麻酔から覚めないで死んでしまった時に、
麻酔事故ですか、と詰め寄ったりはしませんね。
(私はしましたけど‥‥)
それは、どこかで暗黙の了解があるからだと思います。
飼い主さんもまた犬の命を世間並みに軽く見ているのです。

続く、
ダメダメ、重たい話は短い方がいい、
次週は動物産業からの視点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »